居抜き店舗とはどんなことかを解説します

自分のお店を持って開業するという夢を持っているなら、居抜き店舗という存在を覚えておくと大変役に立ちます。店舗の文字が入っていますが、いわゆる店舗向けの不動産物件のことです。テナントとして契約することで、その物件でお店を開くことができます。店舗を使って開業するには、多くの資金や準備が必要になってきます。これから始める人であれば、先のことなど予想できませんし、経験豊富な人でも新しいジャンルのお店を開いて儲けを出すことはなかなか難しいのが現実です。お店を持つことの難易度を上げてしまいがちな要素が詰まっていますが、難易度を低くしてくれるのが、居抜きの特徴で、注目を集めている理由です。居抜きの物件は不動産会社で探せますが、まずは基本知識を学んでおきましょう。

必要な設備が揃っている店舗向け物件

居抜き店舗の最大のメリットといえるのが、初期費用が少なく済むことです。開店するための物件を探すと、基本的に建物だけで、内部には何もない状態で借りるようになります。俗にスケルトンと呼ばれている物件であり、何もない状態からお店を開くために必要な設備や道具を自分で揃えていく必要が出てきます。飲食店を始めるなら、厨房やカウンター、テーブル席が必要になってきます。電気の配線や換気、エアコンなどの設備も必要です。これらの設備を用意するには、大掛かりな内装工事が必要になってきます。多くの初期費用が発生する原因ですが、居抜きであれば基本的な設備が既に揃っていますので、最低限の内容の内装工事で済ませることが可能です。以前の借り主が同じようなジャンルのお店を営業していたなら、工事する部分が少なくなるでしょう。

移転や閉店時の手間や費用の削減ができる

初期費用が少なく済み、設備が最初からある程度揃っていますので、すぐに開店できるのがメリットですが、お店を閉める際にも居抜き店舗はとても魅力的な物件です。お店が有名になって別の広い物件に引越したり、商売を辞めることになれば、借りているその店舗を明け渡さなければなりません。多くの例で店舗を明け渡す際には原状回復をしなければならず、内装の解体工事をしてスケルトン状態に戻さなければなりません。居抜きとして明け渡すことになると、原状回復の工事を殆どしなくて済みます。費用を抑えながら次の事業や生活にチャレンジできるのが優れた特徴です。これからお店を開こうとする人も費用を抑えながら商売を始めたいと望む人が多いですから、ジャンルによっては需要が高く、新しいテナントが見つかりやすいメリットを持っています。

サイトに掲載が出来ない物件情報を号外メールでお届けいたします。 仲介手数料半額キャンペーも随時実施中です。 居抜き契約手数料業界最安でも安心安全な契約を実現いたします! 毎日メールで新鮮な優良賃貸店舗情報のみ掲載しております! 東京、神奈川の居抜き物件情報を網羅した情報公開サイト! 松陰神社前駅より徒歩3分に相談窓口があります。 居抜き店舗で素敵なお店を創ろう